土地の名義変更と遺産分割協議書

土地の名義変更を行う際に遺産分割協議を行わなければいけないことは理解していただけたと思います。

けれど、この遺産分割協議を行ったことの証拠、証明を残しておかなければ、遺産分割協議を行った意味がありません。

書類として、遺産分割協議書を残しておくこと、それが遺産分割協議を行いのちのち土地の名義変更を行う際に重要になってきます。

この遺産分割協議書はまず、ルールがあります。

2つ外してはいけないポイントがあります。

遺産分割協議書を作る際に外してはいけないポイントと言うのは、「相続人全員で協議した」という文言を必ず入れることと、家、土地などの不動産について記載する場合は「登記事項証明書」を書き写すことです。

この2つのポイントが抑えられていなければ遺産分割協議書としての効力を果たさなくなります。

せっかく作った遺産分割協議書がしっかりと効力をもつように2つのポイントは外さないようにしましょう。